実習生管理 実習生管理

技能実習生管理サポート

「外国人技能実習」の概要

  外国人技能実習制度とは1990年に施行された入管法(研修の在留資格制定)が原型となっています。
「学ぶ」研修制度から、1993年には「働く」技能実習制度が創設されました。趣旨としては
日本の技能や知識を開発途上国などへ移転を図る事で、その発展に寄与することです。
一定期間、技能実習生として受け入れた人材に技能、技術、知識などを働きながら学んでもらい、その習得した技能を生かし母国の発展を担う人材になってもらう事。が技能実習制度の趣旨となっています。

受入可能業種

農業、漁業、建設、食品、繊維・衣服、機械・金属、プラスチック、塗装、溶接、製本、印刷、自動車 整備 等
※平成31年3月14日時点、80職種144作業での受入れが可能です。

詳細はこちらでご参考ください。
滞在可能期間

現行の制度上では、3年間の滞在が可能です。しかし、優良となる条件を満たす事で実習期間を延長3年間⇒5年間(一旦帰国後,最大2年間の実習)する事が出来ます。
ただし、入国後最初の1ヶ月は監理団体(組合)が、講習施設で教育を行うため、実際に企業内で働ける機関は2年11ヶ月となります。

基本人数枠

1社あたり、1年間に受入れできる技能実習生の人数には限りがありますが、優良となる条件を満たす事で、常勤従業員数に応じた人数枠の倍増(最大5%まで⇒ 最大10%まで等)が可能です。

実習実施者の常勤の職員の総数 技能実習生の人数
30名以下 ~3人
31人~40人 ~4人
41人~50人 ~5人
51人~100人 ~6人
101人~200人 ~10人
201人~300人 ~15人
301人以上 常勤職員総数の20分の1

※常勤職員数には、技能実習生(1号、2号及び3号)は含まれない。

人数枠(団体監理型)
通常の者 優良基準適合者
第1号(1年間) 第2号(2年間) 第1号(1年間) 第2号(2年間) 第3号(2年間)
基本人数枠 基本人数枠の2倍 基本人数枠の2倍 基本人数枠の4倍 基本人数枠の6倍

技能実習生管理サポート

アイエスエイのサポート体制

実習生には初めに母国の送出し機関において、日本語や技術の基本を学びます。約半年の基礎学習を経て来日し、更に1ヶ月の講習を行い本格的な実習がスタートします。
期待と不安でいっぱいの技能実習生をアイエスエイは全力サポートします。

受け入れまで流れ
アイエスエイのサポート内容

ベトナム人採用の事なら
アイエスエイにお任せください!

採用できるまで無料!完全成果報酬。懸念点があれば何時でもご連絡ください。お電話でのお問い合わせはこちら 0120-243-222(平日9:30-17:30) 採用できるまで無料!完全成果報酬。懸念点があれば何時でもご連絡ください。お電話でのお問い合わせはこちら 0120-243-222(平日9:30-17:30)

「日本で働きたいベトナム人」と「外国人を正社員雇用したい日本企業様」を結ぶマッチングサイトです。

日本国内で、優秀な外国人材(ベトナム人)を採用したい企業様を支援する人材紹介会社です。
当サービスは採用に至るまで完全無料なので安心してご利用いただけます。まずはお気軽にお問合せください。

運営:株式会社アイエスエイ